介護用歩行関連用品の選び方とおすすめ

介護用歩行関連用品の選び方とおすすめ
介護用歩行関連用品を利用することのメリットには

^榮鞍楼呂広がる
∨椰佑琉榮阿紡个垢覦嬪澆高まる

ことが挙げられます。

これらは、刺激や生活のハリにもつながることですから、それを支援する意味でも介護用歩行関連用品の選び方は重要です。
介護用歩行関連用品には様々なものがあります。ひとつずつ、具体的な用品を見ていくと、まずは歩行器です。これは地面に4点が接しており、アーム部分を支えとしながら歩行がスムーズに行える用品です。支えがあれば自力歩行がじゅうぶん可能である、また歩行に支障はないが筋力低下などで支えがあると安心だと言う人などには特におすすめです。キャスターつきのものと、両手で歩行器を持ち上げて進むタイプのものがあるので、その人の状態にあった方を選ぶと良いです。
次に歩行杖ですが、これはより歩行器よりもコンパクトに歩行者を支えてくれる用品です。歩行器に比べると自立するための筋力が求められるため、自立や歩行に際してほとんど支障がないと言う人には歩行杖がおすすめされます。



これらの用品を、移動する場所や距離に応じて使い分けても良いかもしれません。また歩行の際に足にかかる負担を軽減するような、リハビリシューズもおすすめの用品です。たとえリハビリシューズでなくても、靴があっているかそうでないかというのは、歩行のスムーズさや立位の安全性に深く関係してくるので、ご本人と相談しながら選ぶのが望ましいです。


おすすめ情報

  • 介護で注意すること
    介護で注意すること
    介護をするときに大切なのは、技術的なことより精神的なことです。 言い換えると、相手のことより自分のことを考える必要があります。 冷たく聞こえるかもしれませんが、自分が健全な状態でいないと十分な介護を行えません。
  • 介護リフォームのポイント
    介護リフォームのポイント
    介護を目的としたリフォームを施工する上で外せないのがトイレです。トイレは個室になるという特性から必然的に出入り口が狭くなりがちですが、出入り口を現状よりも広く設けて横方向にスライドする扉がおすすめです。
  • 【介護の豆知識】仕事と介護を両立する
    【介護の豆知識】仕事と介護を両立する
    介護だけをすると言うのは非常にストレスであり、結果として介護放棄などにつながる恐れもあります。しかし仕事を続けていれば、その間だけでも介護からは離れられますし、生きがいや他の人との交流なども味わうことができます。ですから仕事と介護は両立させるものと言う考えでいることが望ましいです。
  • 【介護の豆知識】予防運動・体操で介護を予防する
    【介護の豆知識】予防運動・体操で介護を予防する
    誰かが介護が必要になった場合には、家族の負担が増えるのは間違いありませんので、出来るだけ介護が必要な状態にならないよう体を鍛えていくようにしましょう。介護予防教室に通う事によって、転倒予防につながるため、身に危険が降りかかることが減ってくるようになります。
  • 介護用食事関連用品の選び方とおすすめ
    介護用食事関連用品の選び方とおすすめ
    高齢者ともなると食べる機能が低下するため、それに合わせて食事を用意するようにしましょう。例えば飲み込む力が弱まっている人に対しては、とろみを付けたメニューが良いでしょう。片栗粉によってとろみが付けられた食品なら、むせることもなく食べられます。噛む力が低下しているなら、柔らかめに調理された介護用食事がおすすめです。
  • 介護用歩行関連用品の選び方とおすすめ
    介護用歩行関連用品の選び方とおすすめ
    介護用歩行関連用品の選び方は重要です。歩行に支障はないが筋力が低下している場合、または、自立や歩行に際してほとんど支障がないという場合など、状況に合わせることも大切です。具体的な用品を見ていくと、まずは歩行器、それから歩行杖などがあります。
  • 介護用ベッド関連用品の選び方とおすすめ
    介護用ベッド関連用品の選び方とおすすめ
    寝たきりになってしまうのを防ぐためには、少しでも自分で起き上がるよう心掛けたり、ベッドに腰かけるように目標をもって生活することが大切です。サイドレールや移動支援バーなど、介護用ベットの関連用品を上手に使いましょう。
  • 福祉車両の種類について
    福祉車両の種類について
    福祉車両は大きく分類すると、自分自身でハンドルを握り走行させられるタイプとサポートを受けながら助手席や後部座席などに乗車するタイプの2種類に分けられます。そして細分化すると、椅子が地面の付近まで降りてくるタイプと椅子が地面の付近まで降りてくるタイプに分けられます。介護施設などが導入する福祉車両となればさらに専門性が高くなり、車内に浴槽が備え付けられていて出張して入浴介助が行えるタイプもあります。
×
>